お悩み別売却方法の紹介|不動産売買ならアールハウジング株式会社

営業時間/9:30~19:00 定休日/水曜日

売却メニュー

店舗情報

アールハウジング株式会社

アールハウジング株式会社

〒864-0041

荒尾市荒尾4186-32

アールハウジングビル1階

0968-66-3299

0968-66-3503

9:30~19:00

水曜日

住まいのコンシェルジュ

会社概要

お悩み別売却方法の紹介

空き家の売却もアールハウジングにお任せください

お客様にとって大切な不動産を売却したいと思う理由は、それぞれ異なります。
必ずしも、よりよい暮らしや、ライフスタイルの変化に合わせた住み替えのために売却するとは限りません。
空き家を放置している、相続した不動産の分配に困っている……などの問題を抱えていらっしゃる場合もおありでしょう。
熊本の荒尾市・玉名市の不動産売買コンシェルジュ「アールハウジング株式会社」では、お客様のお悩みに真摯に向き合い、物件の価値を高めるご提案とともに解決することを目指します。

こんなことでお困りではありませんか?

こんなことでお困りではありませんかのイメージ
不動産を売却しようという動機は人それぞれ。
お客様は、次のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
 
「親からの遺産で不動産をもらったけれど、場所も遠いし困っている」
「ずっと空き家にしている不動産があるけれど、どうしたらいい?」
「転勤で長い間家を空けなくてはならなくなった。売却したほうがいいの?」
「住宅ローンで家計が圧迫されている。売り払うしかないの?」

家を思い切って売却したいけれど、どうしたらよいのか分からないという不安から、なかなか売却の一歩を踏み出せない方も多いかもしれません。
お金の絡む話ですから、友人などにも相談しづらいですね。
 
例えば土地や建物の相続の場合、相続人が複数いると分配が難しく、それぞれの同意を得てから協議を進める必要があります。相続した家に住む人がいないのであれば、売却して現金化したうえで、遺産を分配すると、後々のトラブルを回避することができます。
また、転勤などで家を離れる場合、自宅を売却するだけではなく、賃貸するという選択肢も考えられます。お客様の状況によって、お悩みの解決方法はそれぞれあるのです。

空き家の売却方法

空き家を管理しないまま長期間放置しておくと、老朽化や、それにともなう倒壊の危険性など、様々な問題が発生します。
空き家の管理責任は、所有者にあります。何か問題が起こってしまってからでは遅い! 
住む見込みのない空き家であれば、思い切って売却してしまうことを検討しましょう。
空き家をそのままの状態で売却する
「中古戸建」「古家付き土地」といった売却方法です。
手間や費用負担が少なくてすみますので、時間やお金をなるべくかけたくない方にはオススメ。
ただし、築年数が古い場合や、空き家の状態が悪い場合、売却価格は安くなってしまいがちです。
リフォーム・リノベーションして売却する
状態がそれほど悪くない物件であれば、リフォームにより小ぎれいにしておいた方が、買い手の購入意欲につながるでしょう。
とはいえ、最近では買い主が購入後に「リノベーション」するのが定着しつつありますので、あまり大がかりなリフォームはかえって無駄。
化粧直し程度の状態を改善するリフォームがオススメです。
空き家を解体して売却する
「更地」にして売却する方法です。
解体についての費用やリスクを売り主が負担することで、「古家付き土地」での売却の場合よりもより高く売却することができます。

近隣住民の安全のためにも、利用の見込みが立たない老朽化した空き家は、解体して更地にするのが望ましいでしょう。
ただし、更地にしてしまうと、固定資産税が高くなるというデメリットがあります。
ページの先頭へ